軽トラ ワンポイント アドバイス ②

08-IMG_7554.jpg

思いつき企画が無事②を迎えました~   (笑)
①に続いて今回も軽トラのサビについてです。

前回が荷台のサビだったので、次はあそこ??
ピンと来てる方もいらっしゃるかと・・・・・

そうです。足元なんです。

05-IMG_7551.jpg

まず最初の画像は事故で入庫したH18年式スバルサンバー。
軽トラで唯一の4気筒エンジン。

リヤエンジン、リヤ駆動のRRは農道のポルシェの異名を持ち生産が終了した今でも高い人気を誇り、中古車市場も高値となってます。

田舎なら毎日のように目にすることでしょう。

この車も農業や買い物の足として毎日のように活躍してる軽トラです。
ご覧のように田んぼの土が、田舎の生活を物語ってくれてまぁ~す・・・

コンクリートの多い都会ではこんな状態にはならないですね。
さて1枚ゴムマットをめくると・・・

06-IMG_7552.jpg

まさに、農作業をされてた証。
そしてゴムマットの下にあるどの軽トラにも敷かれている純正のビニールカーペット??をはがしてみると・・・

07-IMG_7553.jpg

わ~、 やはり錆びてる。でもこれはまだまだ状態は良い方で、この年式になると既に穴が開いてる車が多いです。

そして下取りのホンダ アクティ H16年式も確認してみます。

09-IMG_7555.jpg

軽トラ定番のゴム製の足マットを外し、同じくビニール製のカーペットをめくると・・・

10-IMG_7557.jpg

やはり錆びて穴が開いてました。

では、どうして軽トラだけこんなことになるのでしょう?

(予想される原因)

1.農作業等に使用するので、濡れて泥のついたままの長靴で乗るから。
2.雪国では雪がついたままの長靴で運転するから。
3.軽トラって乗りっぱなしで洗車や室内の清掃もしないから。
4.軽トラのフロアマットはゴム製なので吸水性がなく水分が残りやすい。
5.フロアマットの下にはビニール製のカーペットも吸水性がない。


そう言えば乗用車の足元ってフロアマットもその下のカーペットもじゅうたん生地になっていて吸水性があります。
そして何よりも普通は鉄板の上のじゅたん生地をはがして確認することなんてまずありませんね。
ゴムマットの下が鉄板の場合よりも錆びにくいのは確かだと思いますが・・・・


そんなこんなと考えながら、新車から1年半ほど経過したデモカーのマットも外してみました~

02-IMG_7547.jpg

う・・・うそ~

助手席側のビニールシートの裏側を手で触るとぬるっとした嫌な感じが・・・

01-IMG_7546.jpg

サビが少しついてました。
フロアの一部が早くもサビ始めてるではないですか~ ギャー!!

早速すべて水洗いして乾燥。

04-IMG_7549.jpg

運転席側のハンドルシャフトの付け根にあるカバーも簡単に外れるので、外してザブザブ水洗いし乾燥させました~

恐ろしいことに他人事ではありませんでした。
ほんとにちょっとしたことで軽トラのフロア部分は錆びてしまいますよ!

ではどうしたら良いのでしょうか?

18-IMG_6790.jpg

SCコートでコーティングはとても良い方法です。

もっとお手軽な方法といえば・・・・

同年代の方ならきっと分かっていただけるはず。

戸締り用心火の用心♫ 戸締り用心火の用心♫
月に一度は大掃除♫ ゲンゲンゲンキな月曜日♫


笹川会長の日本船舶振興会のCM  そうです月に一度は大掃除!

定期的にビニールのカーペットもめくって掃除してみてくださ~い。きっといつの間にかフロアが錆びて穴が開くなんてことはなくなると思います。

さすが笹川会長。

長文になってしまいワンポイント アドバイスではないような・・・
きっとこの企画長続きしないな・・・・



関連記事
2016-09-27(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

たんとう自動車株式会社

Author:たんとう自動車株式会社
リフトアップ軽トラ サムライ pick upシリーズ製作中。車検・販売からカスタムまで、車好きな方を応援します!
タイトヨタ ハイラックスVIGO ディーゼルターボ販売開始。
http://www.rokkey.co.jp/hilux-vigo/index.html

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる