軽トラ ワンポイント アドバイス①

1-IMG_7524.jpg

突然の思いつき企画ですが・・・・・
ここ最近、軽トラカスタムに力を入れていて、軽トラを大切に長く乗りたいと言う方々のご参考になればと、日々の仕事を通じて思った事を中心にアドバイスを・・・・・アドバイスというほどのものではないかもしれませんが・・・・

そんなの言われなくても分かってるよ。と言うことも多々あるかも。そのあたりは大目に見てくださいね。

気まぐれで始まり気まぐれで終わるかも知れない企画です。(笑)

本日Twitterでも呟いた最初のアドバイスは軽トラではごくごく当たり前の荷台ゴムマットです。
皆様もご存知のとおり荷台の傷を防ぐためのプロテクターです。

しかし、マットを敷いたまま長期間経過すると。

たまたまゴムマットをめくりあげてビックリなんて経験はございませんか?

1-IMG_7525.jpg

このハイゼットも外観、下回り共にサビもなく状態は良好なのですがゴムマットを敷いたままだとこんなことになってしまいます。

特に天候の不純な日本海側の軽トラは梅雨、秋雨、冬場の積雪、結露等々。
マットの裏側が乾いていない状況がとても多く、この軽トラのように水の溜まりやすいメンテナンスホール周辺のゴムパッキンの周辺は酷いことになってしまいます。

そこでアドバイス。当たり前のことですが時々ゴムマットをめくり荷台とゴムマットを乾かしましょう!

SCコート等の荷台コーティングを施工しておけば防げるのですがもっとお金もかからず錆びさせない方法は時々マットをめくり乾燥させることではないでしょうか。    

//// いまさらではありますが。    

//// 意外とこんな状態の軽トラって多いんですよ。

過去には走行距離1万キロ。外観も極上の車庫保管といった同型の200系ハイゼットで車検の時ゴムマットをめくると同じ箇所がサビサビの車を見ました。

ここで軽トラの中古車をご購入予定の方にもアドバイス・・・・
ご購入の際にはゴムマットが敷いてあれば要チェックです!

と、まぁこんなありきたりの企画ですが時々思いついたら書いてみます。








 
関連記事
2016-09-23(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

言われないと忘れてること多いですよね。
早速、めくってみます!
2016-09-28 13:44 | ほんだ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そう言っていただけるとホッとしました~
そんな事わかってるわ!とお叱りを受けるかと思いました。

2016-09-28 14:54 | たんとう自動車株式会社 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

たんとう自動車株式会社

Author:たんとう自動車株式会社
リフトアップ軽トラ サムライ pick upシリーズ製作中。車検・販売からカスタムまで、車好きな方を応援します!
タイトヨタ ハイラックスVIGO ディーゼルターボ販売開始。
http://www.rokkey.co.jp/hilux-vigo/index.html

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる