FC2ブログ

普段の仕事は車屋です。

IMG_3198.jpg

最近、軽トラ カスタムやちょっと風変わりな車を扱ってると、何屋さん?と言われることも多くて・・・・
今日の仕事を振り返ってみました。

ライフのベルト交換。

FullSizeRender-001.jpg

サンバーの車検作業が完了して。

FullSizeRender-002.jpg

ekワゴンも車検でドライブシャフトブーツの交換やリヤブレーキのオーバーホールにスタビリンクも交換。

IMG_3199.jpg

そしてもう1台。車検のムーブをお預かりして作業を開始したのですが、下回りはとんでもなく錆びてました。リヤドラムを開けたり、フロントブレーキを分解し、それぞれブレーキダストをエアで除去していると錆びてボロボロになった破片もたくさん飛び散って、時々目に入り目潰しになることもしばしば。

錆は嫌よ、嫌、嫌って感じです。 参ってしまいます。

作業の合間に、冬用タイヤへの交換も先日から始まり出しました。

FullSizeRender.jpg

お預かりしていた冬タイヤのエアチェックをして夏用タイヤと交換するのですが、中には数ヶ月の間に空気が抜けてペッタンコになるタイヤも。

今日のカローラ フィルダーもパンクもしていないのに1本だけ空気がほとんど入っていない状態。
原因は、アルミホールのリムが腐食してタイヤとリムの間からほんの少しずつ空気が抜けていました。他にもバルブの付け根が劣化してエアが漏れていたりと意外と保管中に空気が抜けてることが多いので皆さんも要チェックですよ!

IMG_3195.jpg

そしてオイル交換。

この車は3,000キロ位、走るとエンジンオイルがほとんどなくなってしまうようで2,000キロでオイル交換。中古車でご購入されたようですが原因は前のオーナーさんのオイル管理が悪かったのか、シール類からオイル漏れが見受けられました。定期的なオイル交換はとても重要です。最近、新車を購入するとメーカーさんの指定するオイル交換時期が15,000キロ位になってるケースが目立ちます。でも、車をトラブルなく長年乗り続けるにはかなり無理があると思います。

メーカーさんの推奨する交換サイクルって、普通シビアコンディションは想定していないので、地球環境を考慮すれば少しでも廃油を出さないと言う観点から長めの交換サイクルとなっているようです。

しかし、普段私たちの車を使用する環境を振り返ると、そのほとんどがシビアコンディションなんですよね。ストップ&ゴーの繰り返しに始まり高速走行、峠道を走ったり、真夏にエアコンをかけたままの長時間走行。反対に真冬はエンジンにも駆動系にも大変負担の大きな積雪地走行と本当にシビアな環境を走る続けてます。せめてオイルだけは良い物を選びたいですね。かと言って決してオイルメーカーさんの回し者ではありませんよ。  ちょっと熱くなりかけてしまった~

そんな中、消防車の点検も入ってきました。熱くなりすぎてたら放水してやってください。

IMG_3200.jpg

実は結構普通の車屋さんなんです。(笑)


関連記事
2014-11-27(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

たんとう自動車株式会社

Author:たんとう自動車株式会社
リフトアップ軽トラ サムライ pick upシリーズ 2インチアップ、4インチアップ公認新車コンプリートカーを製作販売。全国納車実施中。
お持込みによるリフトアップ作業もお受けします。
ハイラックスREVO、新型ハイラックス新車販売、リフトアップ受付開始。
http://www.rokkey.co.jp/hilux-vigo/index.html

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる