FC2ブログ

典型的なボディーエステ

P8254376.jpg
H12年式のホンダ ステップワゴンですが・・・・
入庫時のボディー状態は、完全なつや消し状態になっていました。

人の肌に例えるなら60歳以上は確実といったところでしょうか?
どこまで若返りに成功するか少し不安でした。

なにせ、この車のオーナー様は、鈑金塗装工場の社長様なので中途半端なボディーの若返りでは許してくれないだろうなぁ。

塗膜を図ると80μ以上残ってました。

P8274387.jpg

これなら思い切りクロス巻きで磨けます。

まずはボンネットから施行を始めました。

P8254378.jpg

しっかりと磨いてやらないと、水垢や汚れが絡んでムラだらけになってしまいますが、新車のような艶がでました。

P8264382.jpg

運転席側の側面です。こちらもつや消しです。

これでは洗車がとても大変。実際に、この車を洗車してくれた若いスタッフは、タオルが全く滑ってくれず、洗車するだけでぐったりしていました。

「仕事でなかったら洗車したくありません。」と呟いていました。

P8264383.jpg

こちらも磨き始めると艶が蘇ってきました。

P8264385.jpg

つや消しがつやつやになりました。

しっかりと全体的に艶を出すには、磨く面積も広いので腱鞘炎になりそうです。 

磨いた後は、MX2ハードのコーティングで塗膜保護を行いました。

P8284392.jpg

入庫時とは別の車のようになりました。

60歳代以上の肌が、20歳代位になったような印象です。

車のボディーエステの典型的な例ではないかと思います。

全面塗装するしかないと、諦めかけていた車でも意外と復活するもんですね。

ステップワゴンのアンチエージングでした。

関連記事
2009-08-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

つや消しの復活

古い車のつや消しは、塗料が劣化した結果、
塗装表面が保護の役目をしないことです。
それを復元させるのには、経験したプロでなければ出来ません。まして、白色は、ツヤが出にくい色ですので、一番技術を必要とします。
写真のように、色と言い、つやと言い、申し分ありません。板金やさんでも出来ない技術です。

ドンテック独特の仕上がり方です。
益々、お客様が来店し、繁昌店になって行きます。頑張ってください。
2009-09-04 09:48 | 大谷内 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

たんとう自動車株式会社

Author:たんとう自動車株式会社
リフトアップ軽トラ サムライ pick upシリーズ 2インチアップ、4インチアップ公認新車コンプリートカーを製作販売。全国納車実施中。
お持込みによるリフトアップ作業もお受けします。
ハイラックスREVO、新型ハイラックス新車販売、リフトアップ受付開始。
http://www.rokkey.co.jp/hilux-vigo/index.html

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる